So-net無料ブログ作成
検索選択

ワタシの教科書たち [決意]

日々、色の大切さを考え続けているprimoです。
例えばこのブログを更新するときや
例えば友達の色診断をするときや
例えば思わず衝動買いをしてしまったときに
読み直す教科書がたくさんあります。

師匠が教えてくれた色彩心理のテキストペーパー
自分が過去に試したワークショップの数々や
色について書かれているいろんな本。

特によく手に取るのが
末永蒼生先生の本です。
ワタシの師匠の考えと同じ部分がたくさんあり
読んでいると納得の部分がたくさんあります。

 

この本です。(過去の記事も、かなりアイデアを拝借しています。著作権にひっかかったらどうしよ!)

心を元気にする色彩セラピー―色が気持ちを変えてくれる!

心を元気にする色彩セラピー―色が気持ちを変えてくれる!

  • 作者: 末永 蒼生
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

世の中には
色彩心理の本を書かれている有名な先生がたくさんいらっしゃいます。
でも人によって
少しずつ意味合いが違うのも事実。
それを
あやふやなモノとして信じずに過ごすのか
それとも
取捨選択して自分に一番合うカタチで取り入れるのか
あなたならどれを選びますか?


ワタシはいろいろな情報をいっぱい仕入れて
自分のモノにしたいと思うタイプ。
智慧をため込む「室」の人。
だから
いっぱい知りたいし、自分にはわからないモノなんてないと思ってる。
(ホントはわからないことだらけなんですけれど)

いっぱい知りたい。
いっぱい考えたい。
そして
それが自分の一部になるまで
自分の中で噛み砕いていきたい。
そして、自分なりに表現していきたい。
常にそう思います。


なんか色に関係のない記事になってしまった・・・
なので
末永先生が本の中で紹介している色彩健康法をちょっとご紹介。
最近はココロが疲れてしまってると感じる人いっぱいいらっしゃる事だと思います。
疲れてるって感じられるならまだいいほうで
ココロが疲れてることさえ分からない人が多いそうです。
(ここに来て下さるブロガーさんたちは
 多趣味な方ばかりなので
 うまいことストレス発散されてるかもしれないですが。。。)
とにかく日常レベルでの『ココロのマッサージ』として
色彩健康法を取り入れてほしいなぁって思います。

その方法は簡単です。
寝室や自分の部屋に、好きな画材と紙を用意するだけ。
水彩絵の具でもクレヨンでも色鉛筆でもマーカーでもなんでも。
で、ただ落書きをするだけ。
上手いとか下手とか関係ない。
形なんてあってもなくてもいい。
ただ色をぬるだけでいい。
なにも考えずに、筆をうごかすだけ。

それだけで随分、スッキリします。
イライラした気分を吐き出すことができます。

ぜひあなたもやってみてください。
そして
あなたの好きな人やお子さんにもやってあげてください。

(思いもよらないような色を塗りだしたりして、びっくりすることもあるかも)

 


nice!(11)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 13

しん

こんばんは!色彩健康法、手軽ですぐに試せそうですね!
従姉妹の子供が遊びにきた時のために、クレヨン・サインペン・水彩絵具・色鉛筆がセットになったものを買っておいたのですが、あまりに綺麗なので
子供用にするのが惜しくなり(笑)私が使うことにしました。早速、試してみたいと思います・・・・ドドメ色だったら、どうしよう(笑)
by しん (2005-11-15 19:04) 

このお絵描き療法(?)とある病院でも取り入れられていると
聞いた事があります。
ストレスに気づかないストレスってありますもんね。
お絵描きしてみよっかな~。
by (2005-11-15 19:08) 

自分の一部になるまで 自分の中で噛み砕いていきたい。
素晴らしい! 私もそうありたいと思ってますが難しいな。(笑)
色彩健康法ですか! いい事聞いちゃった♪
娘と一緒に試してみたいと思います!
by (2005-11-15 19:56) 

簡単でいいストレス解消法をおしえてくれてありがとう!
嫌いな仕事で疲れたらやってみます。
by (2005-11-15 20:04) 

po-net

末永蒼生先生、懐かしいです。先生とても繊細でいらっしゃいましたよ。
子供のアトリエで自由に絵を描く子供たちは、本当にその日その日で
違った色を自由に楽しく使ってストレスを上手に発散してました。
そうだ。私もたくさん色遊びしよーっと!
by po-net (2005-11-15 21:49) 

絵心のない私でも始められそう・・・
色ってホント奥が深いんですね。
by (2005-11-15 22:27) 

Runa

絵の才能はまったくないですが
それでも 何かを書くことで ストレス解消できるなら
やってみてみ良いですね~
使う色で その人の心理状態が 分かるのではないですか?
by Runa (2005-11-15 22:41) 

meg-eddie2

色彩健康法…メモφ(´ι _`  )
by meg-eddie2 (2005-11-16 00:05) 

primo

>しん様、nice&コメントありがとございます<
キレイに色が並んでるものってイイですよね~。ワタシも新品の色鉛筆とか大好きです。落書きはスッとしますので、ぜひお試しくださいね。

>Peridot様、nice&コメントありがとございます<
アート療法などという名前で、実際治療で使われているようですね~。ワタシも以前老人サナトリウムのイベントで、お手伝いしたことあります。認知症の方でも色を塗るうちに、夢中になって筆をしっかり握ってらっしゃいました。頬がピンクになって、みなさんとても嬉しそうで、「色のチカラ」を実感したひとときでした。

>masira様、nice&コメントありがとございます<
自分の一部になるように・・・難しいですよね(笑)ただ心がけてることは、一瞬「ぎょ!?」って思うことでも、一歩踏み込んでみてから、決めるということですかね。色彩健康法、ぜひお子様とやってみてくださ~い。どんな色になるか楽しみですね~!

>魔女様、nice&コメントありがとございます<
ワタシはたまにキライな人をイメージさせる色を塗り塗りして、くちゃくちゃに丸めてゴミ箱にポイっとしたりします(笑)ちょっとスッキリします。。

>po-net様、nice&コメントありがとございます<
po-net様は、たしか色彩学校行かれたんですよね~。子供たちは、ほんと絵と心が直結していますよね~。知り合いの公文教室の子供たちが描いた絵をみて、非常に勉強になったことがあります。子供は素直だなぁ・・・。子供に戻って、“色あそび”いいですね~!

>さくら様、nice&コメントありがとございます<
ふふふふ。はい、奥深いです。幸せなときは、自分が幸せだと思ってるときにイメージされる色(気になる色)をつかんでおいてくださいね。そうすると、その色を見ると、「幸せだな~」っていう思いが増しますよ!

>Runa様、nice&コメントありがとございます<
使う色によって、いろいろ分かりますよ。まず左手で色鉛筆全体をなぞってください。で、ピンときた色を手にとり、気のすむまで塗りたくる。次は右手で同じことを繰り返す。左手は右脳、右手は左脳とつながってるため、ココロとアタマの両方が求める色が分かるんですよ。試してみてくださいね。

>meg様、nice&コメントありがとございます<
ぜひぜひ、やってみて下さい。自分のオーラの色を塗りたくるのもよさそうですよね~!
by primo (2005-11-16 10:39) 

kobekko

200nice!ポチっと・・・
カメラを撮り出して、色の勉強しなきゃ~って思ってました。
今度、書店で探してみます!!
by kobekko (2005-11-16 11:23) 

ゴンタ

200nice!突破おめでとうございます♪
色って、奥が深いですよね~。
ゴンタは、自分に似合う色をカラーコーディネーターに見てもらいました。
だから、持っている服のカラーバリエーションが偏るんです。。。
by ゴンタ (2005-11-16 13:52) 

あの遠い夏の思い出

この本買ってみようかと思います^^
すごく興味ありますね。
これもprimoさんの影響ですかね・・・^^>
by あの遠い夏の思い出 (2005-11-16 14:28) 

primo

>ボニピン様、nice&コメントありがとございます<
うわぁ、200nice!押してくださってありがとうございます~。うれしい~。何かお礼しなきゃ^^ 本屋で立ち読みしてみてください!

>ゴンタ様、nice&コメントありがとございます<
ありがとうございます!ゴンタさんは、どんな色味の似合う方なんでしょうか??また似合わない色のモノに惹かれたりすることありますよね~!あまり似合わないって言われる色でも、ボトムスに使ったり、トップスでも自分のシーズンにあったデザインを選ぶと、しっくりくると思いますよ。

>あの遠い夏の思い出様、nice&コメントありがとございます<
あの遠夏さん、やさし~。惚れちゃいました^^
by primo (2005-11-16 15:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。